世界はログでできている

*[?B]のテーマは「ブクマのn年前へ」です。/過去の記事一覧あしか:掘部運用に関するメモ
 | 

2006/02/15 (水)

[]MM/Memo トップページ - MM/Memo

[]独占インタビュー「表現するオタク、言論という絶滅品種」/オタキング・岡田斗司夫

  • http://b.hatena.ne.jp/entry/http://miyajima.ne.jp/okada.html
    • >新しいものがいいとか面白いとかいうことは、もう1回サイバースペースの話に戻りますが、ネットが成立してしまえばどんどん力を失っていきますよね。僕たちは今まで物流の世界に生きていたんで――物流の世界では、新製品とか店晒しとか在庫という概念があるんで――新しいものがいいものだという絶対的価値観がある。でも、サイバースペースにはそんなものないじゃないですか。
    • >ウェブマガジンも新しい情報がいいというのではなくて、今までにあるものをまとめて、見方を提供していくというのがどんどん主流になっていくと思います。新しいものとか最新の情報、新刊が持つ影響というのは、どんどんなくなっていって、ウェブ上の情報や古書店、古ソフト屋の価値が上がる。だからこそ、その情報をナビゲートする人の役割が相対的に上がると思います。新刊書店や新型ソフトのパワーがある内は、流通やメーカーが力を持っています。でも、古書店は本屋の力の方が強い。古ソフト屋でもソフト屋さんの値段の付け方であるとか、もしくは紹介のやり口の方がどんどん影響を持ってしまって、これから先、ますますメーカーやクリエイターは力を失っていくでしょうね。
      • 期せずしてこんな記述とぶつかってしまった。生み出す人と掘り起こす人と。菊池成孔曰く「人間は誰だって2曲パクリなのである」

[]ITmedia ライフスタイル:「製品パッケージ」の謎に迫る

[]小論文、コンピューターで自動採点 入試センターが試作 - asahi.com : 教育・入試 : 大学・入試情報

[]電網山賊-文法としてのWeb技術

  • http://b.hatena.ne.jp/entry/http://d.hatena.ne.jp/pavlusha/20050215%23p1
    • >テキストを非体系的なデータ並列として取り扱うことに親和性の高い技術的手段の下で言葉を生み出す営為は、その技術的手段がもたらす形式的条件の制約を、言葉そのものの内容にも反映させるのではないだろうか……というのが、私が「形式が内容を規定する」ということで表現したかった内容に当たります。

2006/3/26

トラックバック - http://dig.g.hatena.ne.jp/Hebi/20060215
 |