世界はログでできている

*[?B]のテーマは「ブクマのn年前へ」です。/過去の記事一覧あしか:掘部運用に関するメモ
|

2006/02/20 (月)

[]永字八法 - エッシャー

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://d.hatena.ne.jp/eiji8pou/20050220/1108868741

>「馬鹿だから騙される」→「賢いから騙されない」=「エッシャーの絵の矛盾に気付く」/「馬鹿だから騙されない」=「エッシャーの意図を打ち砕く」

  • これを読んで「極東ブログ: 世間知というのは「それは言っちゃだめよ」ということ」http://b.hatena.ne.jp/entry/http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2005/11/post_347d.htmlを思い出した自分の脳の処理過程がさすがにショート気味だと思う。
    • ようは適切な知識水準と、判断基準というのを自分では設定できない、という怖さのような気もする。賢いが故に引っかかる、裏をかいたはずが逆に裏をかかれるということは現にあるのであって、そういう陥穽を逃れるためのセオリーは、情報化で世界がせまくなればなるほど通用しなくなる(振れ幅が大きすぎて何を採用してもどっかには引っかかる)という。世界的ないたちごっこのサイクルがどんどん加速しているのに対抗する術は、実は愚鈍になることであるのかもしれない。→[早いと遅い]とか[待ち組]という防衛手段とか。[リテラシー]

[]pele-mele - 時事問題

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://d.hatena.ne.jp/yskszk/20050219%23p1

参入障壁の低さが人口密度(と、議論密度)を決定するという。「華氏911」が今年の「ホテル・ルワンダ」だろうなとか。本や映画のレビューにはそれを読んだ、観た人にしか分からないという障壁があって、それ故に本当の意味でWeb上で盛り上がることは難しい。だからこそ書籍のデジタル化とか、オンデマンド放送とかに期待するんだけど。

しかしその理屈だと、著名な絵画語りとか、青空文庫収録作家語りはできるようになってるはずだよなぁ…。みたことないけど。


[]焚書官の日常 (4.4.0) - 『頭がいい人、悪い人の話し方』が売れてるんですって

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://d.hatena.ne.jp/mutronix/20050219/atama

  • >41番目に「そして一番頭が悪いのは、こんな本を読んでるあなただ、ドーン!」
    • ミステリ読みの思考回路だ。面白すぎる。
      • この本も脅迫産業だ。そうか細木数子は典型的な脅迫産業商法だよなぁ「地獄に堕ちるわよ」らしいから。あんまりテレビ観ないから気づかなかったけど。「最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学」とかもそうだ。「脳トレ」ブームも「100マス計算」も。この辺は「私は大丈夫だ系の快感」ともつながりそう。そこから波及してpavlushaさんのところで「悲惨な境遇にある他者に対する想像力は、逆に差別や疎外を強化する」というのを読んだ気がするんだけどいくらブクマや電網山賊本体を検索してもたどり着けないのだった。キーワード設定が間違っているっぽい…。
  • 電網山賊-Exciteブックス「ベストセラー本ゲーム化会議」

2006/3/27

トラックバック - http://dig.g.hatena.ne.jp/Hebi/20060220

2006/02/17 (金)

[]小説評論家のコメントに、「無駄も不足も無い小説構成には、つけ入る隙がない」と、書いてありました。そこで、お尋ねします。「そのような小説に出会ったことがありますか」…

  • http://b.hatena.ne.jp/entry/http://www.hatena.ne.jp/1108546566
    • 趣味のWebデザイン - 箱庭のような世界を好む
    • ウィンドバード::Recreation - 私が純文学が嫌いなひとつの理由
      • http://b.hatena.ne.jp/entry/http://d.hatena.ne.jp/kazenotori/20060308/1141759063
      • このあたりともつながるかなぁと思った。純文学が何かという定義についてはあんまり踏み込みたくない。ただ単に面白さを感じることがちょっと難しい小説に対して「なにがいいのか分からない、つまんない」という人に面白さをどう伝えたらいいのかというあたりはちょっと研究したい。消化酵素をお裾分け、みたいな感じで。『若い読者のための短編小説案内』とか『高校生のための小説案内』とか紹介してもそういう人は、はなから読まないだろうし。面白くない人には無理して読んでもらわなくても、という考え方もあるだろうけど、Webでばりばり書いたり読んだりしている人にはかなり素質があるはずなのだ。
      • 青空文庫に収録がある本にたいして解題を書くとか、だめかなぁ。むかしルミ姉さん(http://deztec.jp/x/02/rumi/←調べたら徳保さんがアーカイブしてた!)がやってた(該当部分未発見・別サイトだったかも)けどぜんぜん反応なかったみたいなのでだめかもしれない。

2006/3/27

トラックバック - http://dig.g.hatena.ne.jp/Hebi/20060217

2006/02/15 (水)

[]MM/Memo トップページ - MM/Memo

[]独占インタビュー「表現するオタク、言論という絶滅品種」/オタキング・岡田斗司夫

  • http://b.hatena.ne.jp/entry/http://miyajima.ne.jp/okada.html
    • >新しいものがいいとか面白いとかいうことは、もう1回サイバースペースの話に戻りますが、ネットが成立してしまえばどんどん力を失っていきますよね。僕たちは今まで物流の世界に生きていたんで――物流の世界では、新製品とか店晒しとか在庫という概念があるんで――新しいものがいいものだという絶対的価値観がある。でも、サイバースペースにはそんなものないじゃないですか。
    • >ウェブマガジンも新しい情報がいいというのではなくて、今までにあるものをまとめて、見方を提供していくというのがどんどん主流になっていくと思います。新しいものとか最新の情報、新刊が持つ影響というのは、どんどんなくなっていって、ウェブ上の情報や古書店、古ソフト屋の価値が上がる。だからこそ、その情報をナビゲートする人の役割が相対的に上がると思います。新刊書店や新型ソフトのパワーがある内は、流通やメーカーが力を持っています。でも、古書店は本屋の力の方が強い。古ソフト屋でもソフト屋さんの値段の付け方であるとか、もしくは紹介のやり口の方がどんどん影響を持ってしまって、これから先、ますますメーカーやクリエイターは力を失っていくでしょうね。
      • 期せずしてこんな記述とぶつかってしまった。生み出す人と掘り起こす人と。菊池成孔曰く「人間は誰だって2曲パクリなのである」

[]ITmedia ライフスタイル:「製品パッケージ」の謎に迫る

[]小論文、コンピューターで自動採点 入試センターが試作 - asahi.com : 教育・入試 : 大学・入試情報

[]電網山賊-文法としてのWeb技術

  • http://b.hatena.ne.jp/entry/http://d.hatena.ne.jp/pavlusha/20050215%23p1
    • >テキストを非体系的なデータ並列として取り扱うことに親和性の高い技術的手段の下で言葉を生み出す営為は、その技術的手段がもたらす形式的条件の制約を、言葉そのものの内容にも反映させるのではないだろうか……というのが、私が「形式が内容を規定する」ということで表現したかった内容に当たります。

2006/3/26

トラックバック - http://dig.g.hatena.ne.jp/Hebi/20060215

2006/02/14 (火)

[]長門有希に挑戦!

[]本屋|本と本屋と図書館に魅せられて

    • http://ameblo.jp/takam16/theme2-10000020207.html
      • 何で苦しいの?シリーズは書店を巡る流通の仕組みを詳しく分かりやすく書いていて資料価値が高い。お客さんにはそんなことは分からないから、「ネット書店は2日もあれば届くのに、なんで町の本屋さんだと2週間もかかるんだ!」とか、「あの店には山と積んであって何でこの店には入荷すらしてないんだ!」ってことになるんだよなぁ。でもってそんなことしているうちにアマゾン大怪獣におもうさま蹂躙されるのだ。

2006/3/26

トラックバック - http://dig.g.hatena.ne.jp/Hebi/20060214

2006/02/13 (月)

http://b.hatena.ne.jp/Hebi/20050213

4日目。ブクマ数23。4日連続でブクマ日記を書いているが、ここで一応の結論を見る。

http://list.g.hatena.ne.jp/./Hebi/20050213/p2

はてなブックマークは「キーワードを含む日記」捕捉機能の精選化&範囲拡大

[]anteroom - ソーシャルブックマークで blog の文章洗練化

[]説得的コミュニケーション、交渉のコミュニケーション 関連書籍(駒澤大学経営学部 長瀬ゼミ)

[]議論のしかた(Iwatam's Software Resources)

[]はてなダイアリー - フォークソノミー

[]Tama-Chan's 鉄道・配線図

[]みそひともじの夢 ネット論争のルールが変わりつつあるのかも。

[]pele-mele - キーワードと安心感

2006/03/25

トラックバック - http://dig.g.hatena.ne.jp/Hebi/20060213
|